投稿

5月, 2018の投稿を表示しています

睡眠は一番の薬

イメージ
この1カ月で痛感したこと、それは睡眠の大切さ。
体調がなかなか元に戻らなかったときに
優先順位を入れ替え、睡眠を最優先にした。
そうすると体の調子が徐々に戻ってきた。

巷でもぐっすり眠れるマットレスや
オーダーメイドの枕とか、デパートでも
睡眠の相談室があり関心や需要が高い。
少なくとも一日の4分の1は睡眠時間である。

一日にする事を詰め込まざるを得ず
睡眠時間を取れない時もある。
但し身体の調子が戻らない時には
一旦、他のことは脇において
早めに睡眠時間を確保するに限る。
後手になれば、回復するまでに
より多くの時間がかかってしまう。

自分の身体は自分で守るしかない。

美しさとは・・色の効果を使う

イメージ
年齢を重ねると気になることが次々と出てくる。
顔の色がくすんでくるのもその一つ。
チークを入れると顔色が良くなる。
これも色の効果である。

又、無難に地味な色を選んで着ることが増える。
全身黒づくめだと黒子になり、
更に背中が曲がると魔法使いのようになってしまう。
かといって、全身色物も難しい。

そこでポイントで色物を使ってみる。
ストールやバッグや靴などの小物や
カットソーやシャツなどの顔の近くに
あるものに取り入れてみる。
ユニクロなどの店でいつも羽織っている上着の下に
色物を着て、試着前と後の写真を撮り、
帰宅してから比較してみる。
少しずつやってみるのがポイントである。

色の効果を使うことで衰えた部分をカバーし、
美しさに持って行く。
年齢を重ねていく自分とどう付き合っていくかで
分かれてくる。

ハイヒールが女性の人生を変える理由

イメージ
心と身体は一体であるという視点から見ると
身体の軸を意識して歩くと、心の軸も
芽生えてくるからではないでしょうか。

ハイヒールが女性らしいアイテムなので、
そこを意識するようになる。
当てる焦点が変わってくると、選ぶルートも変わり、
到達する場所も変化してくる。
レッスンを受けにパリ行きを決めるなど、
少し実感している所がある。

ハイヒールは軸がない状態で歩くとふらつき、
足や身体が痛くなってくる。
軸を取れるようになれば、痛くなく歩ける。
ハイヒールを履くと走り辛かったりするので、
自然と急ぐ行動が制約される。
急げないことで、時間を多めに取って行動するので
余裕が有るように見える。
慌てないようになる。
又、美しく歩けることで自信が持てるようになる。

今は、道半ばである。
ピンヒールを履いたことがなかった私には
非常にハードな道程だが、
自然に身体も心も軸を持って歩けるようになりたい。

子育ての意外な助っ人

イメージ
それは、玉ねぎ。
キッカケは、子どもが赤ん坊で
まだ寝返りを打てない時期。
手持ちのおもちゃに飽きた頃、
試しに皮を向いているところを見せると
反応が良かったのです。
茶色の皮を剥いたら、白い中身が見える。
その色の変化が面白いとふと思ったのです。

椅子に座れるようになった頃、
皮を剥くことに興味を示すようになると、
先端を少し裂いてから手本を見せ、
残りを一緒に剥きました。
しばらく経って、下処理したものを一人で
剥き出しました。

その後、そのままの玉ねぎを剥けるように
なりました。
今や、自分から「玉ねぎの皮むく。」と言い出し、
1つの遊びになっています。

子どもは楽しみ、私は助かっています。
玉ねぎは私達にとって、単なる野菜以上の
存在であります。

パリに行くにあたって

イメージ
今は、体調を崩してからレッスンで足が被ったり
骨盤が回ったりして軸が取れずボロボロだったので
元の身体の状態を取り戻したい。
又、良い体調でオートクチュールレッスンを
受けるためにも充分な睡眠を確保し、
体調管理に気をつける。

ハイヒールレッスンを受けに行くので
ルブタンのブティック訪問は外せない。
空間を味わい、惹かれるハイヒールに出会うために。

パリは魅力的な場所が故に誘惑も多い。
大まかな予定は建てるが、振る舞わされることなく
状況に応じ、その時に心が動く物に
焦点を当てていきたい。

数日間パリに身を置くことで感じる日本との違いを
環境が人間に与える影響を観察したい。

プレタポルテのモニターレッスンしか
受けたことがないので
オートクチュールレッスンで違いを実感したい。
又、立体の空間の中で受講することで
平面の世界で疑問が残っている事を解決したい。

狙いを定め、スポンジが水を吸うように
貪欲に吸収していきたい。

3年後にどうありたいか

イメージ
あんな風に年を重ねていければと
たまに漠然に思ったことはあっても
自分の先の事で具体的に考えたことはなかった。

今、ハイヒールレッスンを受けられるのは
現在の環境があるから。
家族を含め、その事に感謝をしたい。

思い浮かんだことを挙げてみる。
経験や収入を得て、自信や自分の軸を太くしている。
時間配分が上手に出来るようになっている。
年は取っていくが、体力と美しさへのエネルギーは
反比例している。
そのために、毎日のストレッチとエクササイズは
欠かさない。

1-2年に一度はブラッシュアップの為にパリに行き、
周りに循環させたい。
自分で経済力と芯のある美を持ち、余裕のある姿を
子どもに見せたいと思う。

3年以上掛かるかもしれない。
ただ、途中で足取りが遅くなることはあっても、
前へ進める手綱を外したくない。

危機感を感じ取る為に

イメージ
危機感を感じるために、何を始めればいいのか。

私も普段から敏感な方ではない。
違う空間に身を置くのが気づきやすい。
前回は視覚や聴覚だけでなく、
様々な感覚を交えて実感したことなので。

日常の中で出来ることとして、
違うルートで帰ってみる。
しばらく行ってない所に行ってみる。
1つのジャンルで2-3ヶ所行き、
較べてみる。身近な所でコンビニ等。

「そういえば・・・ですね。」と
何気なく話している中で、
相手から教えてもらえることもあった。
気になったことを人に話してみるのも一つの方法。

少しずつ感覚を掴み、積み重ね
受動的ではなく能動的に
危機感のセンサーを身に付けるしかない。




身体を過信し過ぎない

イメージ
喉の痛みから始まり、
2~3日後に高熱も出て寝込んでいました。
今までと違ったのは、回復するまでに
思った以上の時間が掛かったことです。
7割までは戻るものの、
本調子までなかなか辿り着けません。

これも、年を経て出てくる事なのでしょう。
どう対応するかを見直す時のようです。

自分で予防し、回復する術を身に付ける。
体調をチェックする回数を増やす。
その為にもストレッチやエクササイズで
違いに気がつけるように注意しながら行う。
少しぐらい大丈夫と思っても、無理をしない。
何だかおかしい時は、早めにケアして休む。
充分な睡眠を取る。
体力がつくものを食べる割合を増やす。

今回の体調不良は身体を労る事をより一層、
重視するように教えてくれました。

身体と心は互いに影響を与えるもの。
早めに気付いて、酷くならない内に
対応することが大切。