投稿

1月, 2020の投稿を表示しています

ハイヒールだとぐらつきやすい方へ

イメージ
ヒールの高さが上がったり
素足のエクササイズでは何ともなくても
ハイヒールのエクササイズになった途端に
ぐらついてしまう事はないでしょうか

筋力が足りないことや
母指球に乗れてないことも有りますが
骨格の違いもあります

足の甲の長さが
人指し指の付け根近くで
一番長いケースです

ヒールの高さが上がるほど
その一点に力が掛かるため
足を守り、バランスを取るために
なだらかな小指側に流れてしまいます

整骨院の先生に伺った対策の中で
足首の下の方を優しく揉む
というのがあります

骨格を踏まえた上で
対応したやり方も組み込み
地道に実践することで
少しずつ改善に繋がっていきます


ーーーーーー

エクササイズをしている中で
もし相談したいお悩みがありましたら
お気軽にメールで御寄せ下さいませ

官能美をどう捉えるのか

イメージ
先月、モダンと余裕な雰囲気の
貴子さんとのexchangeレッスンで
ハイヒールを履いたときに
セクシーでしたと言われ
一瞬、戸惑いました

水着のビキニが映える
グラマーな体型ではなく
言われたことも無かったので
ピンときませんでした

しばらく考えていました

グラマーでなければ
セクシーではないという前提に
縛られていた事に気が付きました


例えば、スーツを着た男女が
もしフラットシューズから
ハイヒールを履きかえたとしたら

女性の場合は、魅力的に見えてくるが
男性の場合は、格好良さが増すことは
おそらくないだろう

同じ物でも、女性だからこそ
醸し出せる美しさがあり
逆も然りで、男性だからこそ
美しさを醸し出せるものもある

それが、官能美と
言えるのではないでしょうか

体型は分かりやすいが
あくまで要素の1つに過ぎず
声や舞い、文章など様々な要素がある。
広くとらえてもいいのではないでしょうか