雪国で、花が持つ力

 




晴れが続いた日の後の

ちょっと肌寒さを感じる曇り時

小さな瓶に挿した2輪の花の勢いの良さに

力強さや明るさを感じました


寒い日の一本のろうそくの暖かさと

似たような感覚

北海道はまだ、外で咲いている花は1つもないから


以前、エルミタージュ美術館のサイトで

金銀、貴石や半貴石、水晶などで作られた

花瓶に挿した花束や一輪挿しのオブジェがあり

なぜ石や金属で作ったのか不思議に思ってましたけど

今は少し実感しました


いくら皇帝や貴族であっても

雪に閉ざされる冬に

生花を手に入れるのはたやすくないので

何らかの方法を命じたのでしょう


中には、半貴石の持つ質感が

生きている花に似ているも見かけました


最近は雪も随分と溶けてきたので

春が近づいているを感じつつ

ハイヒールで、室内ではなく

外に咲く花を見ながら歩く日が待ち遠しい


コメント

このブログの人気の投稿

ガーターベルトを試さなければ気づかなかった事

長く見られている姿

官能美をどう捉えるのか