投稿

雪国で、花が持つ力

イメージ
  晴れが続いた日の後の ちょっと肌寒さを感じる曇り時 小さな瓶に挿した2輪の花の勢いの良さに 力強さや明るさを感じました 寒い日の一本のろうそくの暖かさと 似たような感覚 北海道はまだ、外で咲いている花は1つもないから 以前、エルミタージュ美術館のサイトで 金銀、貴石や半貴石、水晶などで作られた 花瓶に挿した花束や一輪挿しのオブジェがあり なぜ石や金属で作ったのか不思議に思ってましたけど 今は少し実感しました いくら皇帝や貴族であっても 雪に閉ざされる冬に 生花を手に入れるのはたやすくないので 何らかの方法を命じたのでしょう 中には、半貴石の持つ質感が 生きている花に似ている 物 も見かけました 最近は雪も随分と溶けてきたので 春が近づいているを感じつつ ハイヒールで、室内ではなく 外に咲く花を見ながら歩く日が待ち遠しい

思いがけない小さな出会い

イメージ
  朝、立ち待っているときに 何か黄土色の物が 道路脇に積まれた 雪山からふと現れて 目の前を横切った 犬?にしては、尻尾が太い えっ、もしやと思ったら キタキツネ だった こんな住宅地で見かけるとは 初めてだったので 正直驚いた 子供も「きっ、キツネが居たよ。」 と興奮を隠さなかった 写真を撮りたかったが 間に合わない 一瞬の出来事だった 一体どこから来たのか しばらく不思議に思っていたが 後ほど聞いてみたら 年に一度見かけるかどうか との事だった キツネはかわいらしく見え ふと触りたい気持ちにもなるが それは禁物 エキノコックスが寄生しているから 子供がいるときは特に気を付けたい

凍った道とハイヒールの歩き方の共通点

イメージ
  今冬は、日中は気温が上がる日が多いことから 駐車場や歩道の雪が一部解け 翌日には、表面が雪から氷になることが増えた  ゲレンデからガタガタのスケート場に変わるような感覚 底が滑り止めのある靴を履いていても 踵から着地をすれば滑りやすく 転倒しやすくなる 半透明の氷の部分に差し掛かると より緊張感をもって歩くことになる 足を地面に対して斜めではなく できるだけ垂直に降ろしていく そして、歩幅を狭くして歩く こうしてみると ハイヒールの歩き方と 随分と共通点がある

寒くても一日を過ごしやすくする為に

イメージ
  寒い時期は、朝起きるのが億劫になりがちになる 寒いと体の筋肉がこわばり 身体を動かしにくくなることから 体を痛めたり、怪我をしやすくなる 朝にストレッチをすることで 身体を少しづつほぐしていく そして、手を使いながら足の指も 念入りに動かしていく 寒くても体が動かしやすくなった状態で 一日を過ごしやすくしていく そのためにも早い時間にするのが望ましい 朝のストレッチを続けて3年近くになり 肩こりや腰を痛めることは随分と減った

様々な顔を持つブッシュドノエル

イメージ
  12月はクリスマスにちなんだ商品を あちらこちらで目にしますが 最近、2020年のブッシュドノエルの フランス語のサイト を、ふと見ていると 今まで切り株かシンプルな半円柱の形しか 思い浮かばなかったものが そこには20個ぐらいのブッシュドノエルが 載っていました 抽象的な四角のもの クリスマスツリーをかたどったもの そして、白い側面に雪遊びの景色を描いたものが 印象に残りました ヨーロッパの人は食べ物に関して 割と保守的なイメージを持っていたので 意外でした

銀杏並木から気づかされたこと

イメージ
先日、用事を済ませた後に どうにか行けそうな時間だったので 気になっていた銀杏並木を見てきました ここ数日は晴れており 今年は紅葉が遅めだと聞いていた事もあり 来週でも良かったかなとも正直思っていた所 数日後には 雪や霰が降ってきたのです もし来週に延ばしていたら 随分と葉が落ちた 銀杏並木を眺めていた事でしょう 行けるうちに行っておいてよかったと つくづく実感しました  些細な事はつい延ばしがちになりますが  できるうちにやっておく事が  チャンスを逃さないことにもつながると  気づかされた出来事でもありました

short movie 秋の北海道ガーデン街道 ミラーボーダーの中心から

  マザーズガーデンの壁に面している ミラーボーダーの庭園 狭い通路を歩きながら 人もいなかったこともあり 中央あたりから 一回転して撮ることができました 遠くに白樺も見えます