湯船に入るときの水音





大抵、何らかの音が立つのでは
無いでしょうか。

その一方で、音や水しぶきを一切たてない
大人数で入っても、水面が波立たない
そのような方々もいるそうです。

それは、禅宗のお坊さん

出来るようになるまで
指導が入るとの事

先日読んだ掃除の本の一節に書かれてました

御手洗や浴室は
独りでホッとする場所
言い換えれば、気が抜けやすい場所でもある
そのような場所でも、緊張感を持って過ごす

入浴は心身を解放し
リラックスするもの
というイメージが強いので
非常に驚きを隠せませんでした

日常の様々な場面で
美を意識しながら
緊張感を持って過ごすことも
僧侶の修行に似ています。

コメント

このブログの人気の投稿

銀杏並木から気づかされたこと

寒くても一日を過ごしやすくする為に

様々な顔を持つブッシュドノエル