チャンスがやってきたときにどうするか



名を知っていても実物を見たことはなかった。
普通は2・3個の中からでも選べればいい方だが、
セットの中から選択できる場面だった。
しかも話の流れから、セットよりも大きい品の
ディスカウントの申し出があった。

ある意味、めったにないチャンス。
他のお客様もいたので、ここで買うと言えば
その場を制しただろう。

確かに、実物を見ているときは
色々と比較などして夢中になっていた。

素敵だけれども、色がイメージしていたのと
少し違い、一目惚れはしなかった。
叉、その商品の相場を知らない事もあり
すぐには決められなかった。

とにかく一度、頭を冷やしたかった。
そんな理由から一旦、場を離れた。
ネットで調べてもばらつきがあって、
正直分からなかった。

結論として買わなかったが、
楽しい時を過ごせたので良かったと思っている。
今回は「チャンスはふとやってくる」「掴みに行く」
「エネルギーの強い者が勝つ」
の場面に遭遇したように感じた。

ふと来たチャンスを物にするためには、
事前の準備が欠かさないこと。
それを実感した。

コメント

このブログの人気の投稿

銀杏並木から気づかされたこと

寒くても一日を過ごしやすくする為に

様々な顔を持つブッシュドノエル